メタボリックシンドロームの予防法は?

メタボリックシンドロームは自覚症状がないことが特徴です。普通に生活をしていてもメタボリックシンドロームは進行している場合があります。

 

この様な状態にならないためにも今からでもメタボリックシンドロームの予防をすることが大切です。メタボリックシンドロームの予防には大きく分けて4つのことを気を付けなければいけません。

 

  1. ・食事
  2. ・運動
  3. ・ストレス
  4. ・薬

 

まず食事ですがこれはメタボリックシンドロームに大きく関係します。食事でのポイントはまず食べ過ぎ飲み過ぎに注意することです。

 

食べ過ぎ飲み過ぎは脂肪の蓄積に大きく関係しますし、内臓などにも負担をかけます。次に運動ですがこれは代謝を高めることで消費するエネルギーの量を増やします。

 

メタボリックシンドロームで運動不足が関係しているのは摂取量と消費量に違いがあるからです。メタボリックシンドロームの予防としては消費エネルギーを増やすことが一番の予防になります。

 

なので体を動かす、軽めの運動を続ける、筋肉を鍛えるの3つのことを習慣化するように心がけましょう。

 

そしてストレスですがメタボリックシンドロームではストレスや精神疲労が一番危険です。ストレスなどは食欲などで解消されることが多いので糖尿病、高血圧、脂質異常などを引き起こしやすくなります。また、高血圧にはナットウキナーゼがおすすめです。

 

なのでストレスの解消には十分な休養と睡眠などで発散させるようにしましょう。ちなみに薬は食事や運動と併用することで効果があります。薬だけではまた別の病気などを発症する場合があるので医師の指導のもと行うようにしましょう。